社員・会社全員の為の働き方改革とは

働き方改革

日本企業において、残業はあたりまえとされてきました。新入社員は誰よりも早く出社する事や、上司よりも先に帰らない事など、今まで当然とされてきた働き方が、見直されています。見直さなくてはならない時期がやってきています。従業員として当然の権利である有給休暇の取得はほとんど不可能だった時代が、終わろうとしています。日本人は働きすぎだと言われてきましたが、それを認める、働き方改革が、進められています。プライベートを充実させる事は、人生を豊かにする事に繋がります。もちろん、しっかりと仕事をする事も大切ですが、仕事をこなす為にもプライベートを満たしていかなくてはなりません。すべては繋がっていると考える事が重要になってきます。では一体、働き方改革とは具体的にどういった事を指すのでしょうか。

働き方改革について詳しくお話します

少し前から話題になっている、長時間労働による過労死や、非正規労働者に対する待遇差など、働き方に関する問題は多くあります。日本の人口は、今や減りつつあります。少子化問題との兼ね合いもありますが、このままですと将来的に働き手が少なくなるのは目に見えています。その時、今と同じ労働環境で質が保てる筈はありません。今よりももっと過酷な労働環境になる事は明白です。その為、今からその問題に立ち向かう必要があるのです。働き方改革をする事によって、労働者の負担を減らす事はもちろんですが、企業の生産性を上げる必要もあります。日本では、労働者が企業の為に総てを捧げる事が美徳とされてきました。しかし、今はそういう時代ではありません。働き方改革は、長時間労働の是正、正規と非正規雇用の格差の解消、柔軟な働き方の実現を柱としています。

働き方改革とは具体的にどんな事なのか

では、働き方改革とは具体的にどういった取り組みなのでしょうか。長時間労働の是正から見てみましょう。単に労働時間を減らすだけでは生産性が上がりません。生産性を上げつつ、労働時間を減らす工夫が必要になってきています。それには個人個人の能力アップが必要不可欠です。また、プライベートが充実することにより、やる気もみなぎってきます。正規と非正規の待遇差に関しては。どの様な雇用形態でも同じ賃金を得られる事により、キャリアアップを目指せるようになります。そうなれば、おのずと生産性が上がってくるようになります。柔軟な働き方ができるような環境づくりも必要です。例えば子育て世代や介護をしている人にとって、企業の決めた働く場所や時間が邪魔をして働けない環境になっているかもしれません。解決策として、テレワークが注目されています。これらはひとつだけでなく、すべての事を平行して進めていく必要があります。