他社から真似される働き方改革のポイント

働き方改革

企業などで働いていると、働き方改革という言葉をよく耳にすることがあります。働き方改革とは、正規、非正規雇用の待遇の改善や、残業などのよる長時間労働の改善や、子育てや介護などによる離職を防ぐために柔軟に仕事ができる環境作りなどがあります。ですが、全ての事柄を取り入れることは経営する側にとっては困難なことも出てくるでしょう。長時間労働の改善では、残業時間を減らすこととなります。単純に残業時間を減らすことはできますが、それに伴う業務を減らすことはできません。そうすることにより休憩時間に業務をこなして、自宅へ持ち帰って仕事をする場合もあります。また非正規雇用者を正規雇用者と同等の待遇にすることは、人件費が増えることが予想されます。このようにリスクをどのように対処していくかがとても大切なポイントになります。

できることから無理なく少しずつ改革していこう

働き方改革により、業務の見直しやより良い仕事環境を目指す企業は多いでしょう。ですが、それに伴い経営者側のリスクを考え、社員への提示提案を行わなければいけません。まずは会社でのマニュアルを再度確認し、社員全体で統一するように心がけることが大切です。また起案や回覧など紙で行なっていた業務をペーパーレスに見直し、パソコンで閲覧できるようにするなど、効率よくすることも大切です。ペーパーレスにすることにより、ファイリングの作業も省くことができますし、紙やファイルを減らすことができ経費削減にもつながります。働き方改革を突発的に行っても、社員は戸惑うだけで、何も変わらない事態なってはいけませんので、まずは身近にある小さなことから始めていくようにするとスムーズに進むでしょう。

ITツールを導入することで出来る働き方改革とは

働き方改革に基づいて、長時間労働の改善を見直す際に、ただ単に残業時間を減らすだけではいけません。業務の内容についても考える必要があるでしょう。そこで、ITツールを活用して業務の効率化を上げると良いでしょう。ITツールを導入することにより、今まで手作業だった業務を自動化し、業務の量はそのままで残業時間を減らすことが可能になります。これにはITツールの導入に伴い、初期費用がかかりますが、これから先を見越して考えた場合、とても有意義なこととなるでしょう。そうすることにより、業務を円滑に回すだけでなく、他の業務をサポートすることにより、介護や育児などで休まなければいけない社員のフォローも可能になります。お互いのリスクを減らすためには、企業も社員も同等に働き方改革を見直していくことが大切です。